2017年6月12日月曜日

販売店さんも試乗をした感想をアップして頂いております。②



モトモリーニ正規取扱店『ムラカミモーターサイクル』

村上社長の緊急インプレッション
“オレに乗させりゃ!間違いないッ!”
“イタリアン・ハンドメイドモーターサイクル” MOTOMORINIの大人の魅力を
皆様にも、お伝え出来ましたらと思って…始めました、今回は特別編!

イタリアンなオートバイ&スクーターを語らせたら、右に出る者はいない…と言う位
都内屈指の『輸入車オートバイ』に特化したプロショップさんです。
各メーカー輸入元が、このブログに掲載してもらいたくって日本国内で登録したら
各社の担当が…まずは、乗って頂きたく~とお店に試乗車を持ち込む程です。

場所は、東京都江東区…清洲橋通り沿いです。
このお店のテントを見れば、一目瞭然!




今回は、特別編で…村上社長全面ご協力の下、社長独自の目線で各メーカーの
ニューモデルなどをバッサリ斬っているブログから、抜粋させて頂きました。


4車種を比較してみましょう
幸せなことに、こんな高級車をフルラインナップで乗らせていただいたので、それぞれの違いも含めて一番印象的だった部分を比較してみたいと思います。
基本的にはVツインのガサガサ感を残した大排気量ハイパワーエンジンと、トラス構造のフレームは共通。フロントのマルゾッキフォークも、セッティングは違うかもしれませんが、共通部品と思われます。しかし乗ってみると随分と違いが見られる。
スクランブラー
一番最初にこいつに乗って、カウンターパンチを喰らい、モリーニというバイクが一発で好きになってしまいました。シートも高くて足もツンツン。タイヤもブロックタイヤなのに、エンジンピックアップが鋭く、コーナーでラフにアクセルを開けようものなら、リアタイヤが滑り出しそう。どこのメーカーのモデルも同じですが、スクランブラーなので土の上もそこそこ走れます。過激なエンジン特性と大き目の排気音は最高。オプションのサイドバッグもおしゃれで使い勝手は抜群。ただし、このタイヤでは一日で京都まで行けと言われたらちょっと躊躇するかもしれません。160km/hの最高速は余裕ですが。


イレブンハーフ
乗りやすさで言えば、このモデルが一番。教習所を出たばかりの人にも、淡々と大人の走りができる人にもおすすめの一台。足つき性も抜群だし、ハンドリングも実に素直。ポジションも楽々なので、ほかのバイクから乗り換えても、何の躊躇もいらないバイクです。ただし、そこは1200のハイパワーエンジン。開ければすっ飛んで行くので、遅いのかというと、そんなことはありません。教習所のCB750よりは、はるかに速いと思います。個人的にはバーエンドミラーが好きではないので、自分が買ったとしたら普通のミラーに換えるのではないでしょうか。良く見えるのですが。幅取るんですよね。高速のすり抜けとかは気を使います。


コルサーロ
シリーズ最強の140ps、リアサスもリンク式オーリンズで固めた最速モデル。ハンドリングも吹け上りも最高に楽しいですね。「今日は天気も良いので、ちょっと箱根までお茶しに行きましょう。」てな感じで使えたら最高にかっこいいですね。ただし、究極のカフェレーサーとして使い倒すには少々の根性と腕前が必要です。私の乗っている10年前のドカティほどではありませんが、ほかのモデルに比べ、下の回転が使えません。できるだけタコメーターの針を3より上に置いておいたほうが楽しく走れます。後輪荷重が基本ですが、ちょっとねじ伏せるムードになってきますので、楽しくて本気になりますと、次の日の筋肉痛は避けられません。




グランパッソ
シリーズ中、一番いかつく押し出しの利くデザインで大人気。基本的にはスクランブラーの車体構成と同じと思われますが、タイヤがオンロード寄りのパターンなのでどんな場面でも実に走りやすいです。ガソリンタンクも27Lと大きく、余裕のロングランが可能。エンジン特性もスクランブラーより穏やかなので、走っている時に神経をとがらせる必要もない。ただし、スクランブラーと同じで足がツンツン。大柄な人でないと、違う意味で神経を使わざるを得ない。コイツの兄弟車で、グランパッソGPーRというモデルが今年から発売になりましたが、そちらは前後17インチのキャストホイール。残念ながら、GP-Rは試乗車が無いそうなので、乗ったことはありませんが、リアサスもパイオリに変更し、足つき性もさらに良くなっているはず。想像ですが、構成だけを見ると、イレブンハーフ位のシート高になっているということでしょうか。
そして、このバイクですと、やはり欲しくなってくるのが収納スペース。4車ともシート下に書類と簡単な車載工具程度のスペースがありますが、今の時代必須のETCを入れたら後は、ウエスしか入りません。特にグランパッソはロングツーリングに行きたくなるモデル。その時は、せめてトップケースくらいは付けたいところ。純正オプションは開発中ということらしいですが、ヨーロッパには社外のキャリアも存在するようなので、取り寄せられのかを現在調べてもらっています。

2017年6月1日木曜日

モトモリーニ取扱い販売店のご紹介!②

“イタリアン・ハンドメイドモーターサイクル” MOTOMORINIの大人の魅力を
皆様にも、お伝え出来ましたらと思って…始めましたブログの7回目!


今回も正規販売店様のご紹介!







広島県広島市内にある『モトエスエックス』さんは、MOTOMORINI正規販売店のなかでも、今の広島カープの勢いそのままに?!とっても、熱い販売店さんです。
色んな相談も親身になって聞いてくれる社長や店長さん、とっても信頼出来るバイク屋さんで『アフターサービスもかなりまかせられます♪MOTO S!Xで決めて良かったです(^.^)』 と言う購入者さんがたくさんいらっしゃいます!


モトエスエックスさんは、Facebook が充実!


オートバイは、走り出してから皆様との長いモーターサイクルライフが始まります。
ぜひ、信頼のおけるディーラー正規代理店でお求め下さい。
また、これから検討をされる皆様も、正規代理店ならでは?!
お得な車両情報などがあります。ぜひご相談下さい。

 今の季節は、風を切りエンジンの鼓動を感じながら…唯一無二の素晴らしい
Motor Cycleの世界に貴方も走り出して見ませんか?


http://www.motosx.com/

2017年5月26日金曜日

販売店さんも試乗をした感想をアップして頂いております。①

“イタリアン・ハンドメイドモーターサイクル” MOTOMORINIの大人の魅力を
皆様にも、お伝え出来ましたらと思って…始めましたブログの6回目!

東京都江東区にある『ムラカミモーターサイクルズ』さんのホームページに
ムラカミモーターサイクルズさんのファーストインプレッションが掲載を
されております。販売店さんの意見は、私達もとっても参考になります。

都内では、知る人ぞ知る!輸入車に大変精通された専門店です!! 
輸店主は業界でも大変有名な方で、各メーカーの営業担当も
教えを乞うほど?!指南書的な存在のお店です。


また、ユーザーからもファンの多い?!お店のブログは、
社長独自の分析で様々な新車を“ズバッ!”と斬っていて、
各メーカーの営業がブログにあげて下さい!と
車両を持ってくる位です。


ぜひ!MOTOMORINI をご検討中の皆様、まだ検討しないけど…
と言う皆様にも、ぜひぜひご覧下さい!

http://plaza.harmonix.ne.jp/~ori2/inpreMMScrambler.htm




2017年5月19日金曜日

MOTOMORINI SCRAMBLER1200 は、本気度100%のスクランブラーです! 編

“イタリアン・ハンドメイドモーターサイクル” MOTOMORINIの大人の魅力を皆様にも、お伝え出来ましたらと思って…始めましたブログの6回目!

MOTOMORINI  は、もちろん!海外さまざまな国で販売をされています!
海外でも評判の“玄人好み”なモーターサイクルです。

言葉は、解らなくっても雰囲気は十分伝わると思いますので
ぜひ!ご覧下さいッ!

今なら、ブログ開設記念!のscrambler1200 モニター販売を行なっています!
 
①タンク色“BLACK”、フレーム色“BLACK”、エンジン色“CHROME”
 ②タンク色“RED”、フレーム色“RED”、“エンジン色“BLACK”

2台限定!

600,000円引き を実施中!

購入後は、車両のインプレッションやご自身のツーリングレポートなどを
SNSなどにアップしてもらったり、記事を引用させて頂いたり致します。
また、雑誌などの取材にご協力をお願いする場合がございます。

ぜひ!至高の“イタリアン・ハンドメイド”MOTOMORINIを一緒に
乗りこなしてみませんかぁ!
詳しい条件などの詳細は、info@pci-ltd.jp からお問合せ下さい!

また、Scrambler1200 の詳しいスペックは、こちら…
http://www.motomorini-motorcycles.jp/product/SCRAMBLER.html

2017年5月12日金曜日

MOTOMORINIの車両に乗ってみよう!編



“イタリアン・ハンドメイドモーターサイクル” MOTOMORINIの大人の魅力を
皆様にも、お伝え出来ましたらと思って…始めましたブログの5回目!



MOTOMORINI  ってどんなオートバイなんだか?なんだかんだ言っても、乗ってみなけりゃ解らない…と言う事で、試乗会なども開催をしています。

Vツイン1200cc の気持ち良い鼓動と加速感を味わえる生粋のイタリアンです。
最近のマシンには、いろいろとコンピューター制御がされ様々な装備で、誰でも簡単に
アクセルを捻るだけで、走れてしまいますが…

“馬力じゃないんだよッ!”“スペックの数値だけじゃ、オートバイの魅力は表せないだろ?”
“それじゃ、何か?ツマンナイんだよなぁ~”とお嘆きの“エンスー”な方に打ってつけ!のモーターサイクルです。人と違うモノに乗りたい…、これ?なんてバイクですかぁ?って言われる事が、快感に感じる方!ぜひぜひ!おススメです!

今度の試乗会はいつ?など…決まりましたら、直ぐにホームページやFacebookなどでお伝えをさせて頂きます。基本的には、無料で開催を致しておりますが…公道を使用する試乗会が多いので…大型2輪免許必須、乗車するに相応しい装備などは、ご用意頂く様になります。

下記の写真は、過去の試乗会の様子です。

















ぜひぜひ!“イタリアンハンドメイド”MOTOMORINIを体感してみませんか?




次回に続く…

2017年5月8日月曜日

MOTOMORINI 日本再上陸!お披露目しました!編

“イタリアン・ハンドメイドモーターサイクル” MOTOMORINIの大人の魅力を皆様にも、お伝え出来ましたらと思って…始めましたブログの4回目!



MOTOMORINI  ってどんなオートバイなんだか?と言う事で…昨年の車両が到着後、すぐに報道関係者様向けの発表会を開催させて頂きました。

“イタリアンハンドメイドモーターサイクル”と言う事で、東京都千代田区にあるイタリア文化会館で開催を致しましたが、当日はオートバイ関係の雑誌社様、編集社様、ジャーナリスト様等々…大変多くの皆様にお越しを頂きました。













”MOTOMORINI” は、生粋のイタリアンモーターサイクルです。
素性の素晴らしさをぜひぜひ!知ってください!




次回に続く…


2017年4月28日金曜日

MOTOMORINIの車両が日本にやってきたぞ!編

“イタリアン・ハンドメイドモーターサイクル” MOTOMORINIの大人の魅力を
皆様にも、お伝え出来ましたらと思って…始めましたブログの3回目!







MOTOMORINI  が、どんな状態で…イタリアの工場から~日本まで、どのように
運ばれて来ているのか?などをご紹介をさせて頂きます。






イタリアトのリヴォルツィオにある工場から、出荷される時には木枠に組まれて
コンテナに乗せられて、船便で日本へ向けて出荷をされます。






イタリアの工場で出荷を待つ、MOTOMORINI SCRAMBLER






 
日本の輸入元ピーシーアイの倉庫には、このように到着します。

 
 
外箱になるダンボールには、いろいろ注意書きが書かれています。
イタリア語なんですが(笑)イラストで大体解ります♪

 



反対側には、大きくMOTOMORINIのロゴが入っています!カッコイイ(笑)




上蓋部分を開けると傷防止の為にいろいろと巻いてあります。
鮮やかなイタリアンカラーの車両が見えてきました。



イタリアで組み立てられた車両は、出荷検査完了後に細心の注意を払って
丁寧に梱包をされ、日本に向けて出荷をされております。


 
おおよそ1ヶ月半~2ヶ月の船旅を楽しんで(笑)日本へやってくる…
とっても優雅な(笑)“高級ブランド”MOTOMORINIなんです。





ヨーロッパでも大人気のGRANPASSO メーカーの海外営業(日本)担当の
リカルドさんもこの車両を自ら購入し、毎日通勤に使っている!と言っていました。




車種によっては、フロントタイヤが外れた状態で日本に到着を致します。
日本で開梱、PDIと同時に組立てをして、出荷準備になります。





イタリアンブランドらしく、タイヤももちろん“ミシュランタイヤ”です。










このような場所で“イタリアンハンドメイド”MOTOMORINIは作られています。









次回に続く…